ネットでポイント生活

ポイントサイトに登録して小遣い稼ぎしてみる

【決定版】住信SBIネット銀行の「スマートプログラム」の解説とランクアップ戦略

住信SBIネット銀行は、ネット銀行のなかでも利用すればするほどサービス付帯がつくことから、人気のネット銀行です。

その住信SBIネット銀行では、2016年1月から、利用状況に応じて様々な優遇が受けられる「スマートプログラム」が開始しました。

「スマートプログラム」とはどんなもので高いランクを獲得するにはどうすればいいかまとめました。

住信SBIネット銀行のスマートプログラムとは

「スマートプログラム」とは、住信SBIネット銀行の商品・サービスを利用すればするほど、様々な優遇が受けられるプログラムです。

ATM利用手数料無料回数、他行への振込手数料無料回数はこれまで誰でも同じでしたが、今後は住信SBIネット銀行をよく利用すれば無料回数が増えるようになりました。

ポイント制度

住信SBIネット銀行の商品・サービス利用回数に応じてポイントがたまります。

  • Visaデビットカードの利用
  • ミライノカードの利用
  • 外貨預金・仕組預金の月末残高
  • 給与・年金の受取、定額自動入金サービス
  • 口座振替(1件以上引落し)
  • 外貨積立(月1万円以上積立で)
  • 純金積立(月5,000円以上)
  • キャンペーンの特典

貯まったポイントは一定のポイント数に達すると1ポイント1円相当で現金交換も可能になります。

また、40%の交換レートですがJALマイルに移行することも可能です。

 

ランク制度

利用状況に応じて、ランク1からランク4までの4段階のランクの判定が行われ、以下の事項でランクに応じた優遇が適用されます。

  • ATM手数料無料回数
  • 振込手数料無料回数

優遇内容は以下の通り。

  ランク1 ランク2 ランク3 ランク4
ATM利用手数料(出金) 月2回 月5回 月7回 月15回
他行宛振込手数料無料 月1回 月3回 月7回 月15回
ボーナスポイント 最大200p 最大200p 最大200p 最大200p

 

2018年6月からはランク4のボーナスポイントが廃止されて、どのランクでもミライノカードの利用、外貨預金・仕組預金の月末残高によって最大で月200ポイントを得られるようになりました。

ミライノカードゴールドでランクアップ

ミライノカード ゴールドですとスマートプログラムのランクが2ランクUPします。

ミライノカードゴールドは、年100万円の利用で年会費が無料になり特典も充実していています。年会費が無料になるゴールドカードはなかなか見当たりません。かなり評判のゴールドカードです。

 

なお、自行宛振込手数料、預入時のATM手数料はどのランクでも無制限に無料です。ボーナスポイントは500ポイント以上100ポイント単位で、1ポイント1円でキャッシュバックできます。

 

無料回数を超えた後のATM手数料は1回あたり108円(税込)です。無料振込手数料後の振込手数料は1回あたり154円(税込)です。

 

住信SBIネット銀行の利点

住信SBIネット銀行は、振込の際に振込者の名前を変更できるのが、地味に便利です。ぼくもこどもの学校行事とか習い事の振込時、指定されることが多いので重宝します。

また、「定期自動振込サービス」の設定も可能です。振込先口座・金額・振込日(休日時の前後)を指定すると、毎月同じ金額を自動的に振り込むことが可能です。

住信SBIネット銀行メガバンク等から定期的に口座振込することもできます。
証券口座との定期的資金移動でとっても便利です。

 

ボーナスポイント

給与受取、口座振替(銀行引落し)等の取引でポイントがもらえます。

  • 給与の受取、年金の受取、定額自動入金サービスのどれか:30ポイント
  • 1件以上の口座振替(銀行引落し):5ポイント
  • 外貨積立(月1万円以上):10ポイント
  • 純金積立(月5千円以上):10ポイント

1ヶ月あたり最大55ポイント(年間660ポイント)が得られます。つまり外貨預金・仕組預金の月末残高と合わせて、毎月最大3,060ポイントを獲得できることになります。

 

なお給与・年金受取は入出金明細に「給与」、「賞与」、「年金」のいずれかの記載のある入金が対象です。

 

ポイント獲得には同意が必要

ポイントを獲得するにはポイントサービス規定への同意が必要です。

ポイントの利用手続きが完了しているかの確認は、WEBサイトにログイン後、右側に表示されている「スマートプログラム」の欄を見ればOKです。

f:id:pointlife8:20181114184827p:plain

ポイントを利用していない場合は「ポイント未利用」と表示されます。以下のいずれかの方法により、規定に同意しましょう。

  • Visaデビット付キャッシュカードへの切替
  • ポイントサービス規定への同意

 

とはいえメインバンクはやっぱりメガバンク、という方が給与や年金を他行で受け取りたい場合は、定額自動振込サービスを利用すればいいので問題ありません。
定額自動振込サービスとは、振込先口座・金額・振込日(休日時の前後)を指定行に振り込むサービスです。

 

ランクアップが容易になったスマートプログラム

2018年6月からの制度変更で、ランク判定条件の基準が下がったこと、対象商品が追加されたことで、より簡単に上のランクに届きやすくなりました。

最大の改善点は、総預金残高によるランク2へのアップ条件が「月末残高100万円以上」から「月末残高30万円以上」に引下げられたことです。一般サラリーマンの給与をあてにできるこの金額で、かなり現実味を帯びてきました。

 

また、 Visaデビットカードの判定条件が「利用1万円以上」で1商品だったのが、「利用3万円以上」だと2商品分をクリアするようになりました。同様にカードローンの残高が50万円以上だと、2商品分のカウントになりました。

totoJRAなど公営競技の利用、ロボアドバイザーによる資産運用も条件に入ってます。ロボアドバイザーはウェルスナビ、テオの2つが対象です。

 

ランクの判定時期

毎月1日に、前々月の商品・サービスの利用状況に応じてランクが判定されます。ランクはWebサイトのログイン後ページに表示されます。

当月のランクは2ヶ月前の取引状況に基いて決まります。例えば、2018年11月のランクは、2018年9月の状況に応じて判定されます。ランクを確認できる判定チャートも用意されています。

 

ランク2の条件

ランク2は以下3つのどれかに該当する場合に認定されます。

  • 総預金の月末残高が30万円以上
  • 総預金の月末残高が1,000円以上 かつ 30歳未満
  • 総預金の月末残高が1,000円以上 かつ ロボアドバイザー資産運用残高10万円以上
  • 総預金の月末残高が1,000円以上 かつ 以下の1~8の条件に2つ以上該当
  1.  外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
  2. 仕組預金の月末残高あり
  3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  4. カードローンの月末借入残高あり(50万円以上なら2商品分にカウント)
  5. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末借入残高あり
  6. 純金積立の引落しあり
  7. 給与、賞与または年金の振込あり
  8. デビットカードの利用金額が1万円以上(3万円以上なら2商品分にカウント)
  9. toto公営競技 月内入金2万円以上

 

 ざっくりいうと月末残高が30万円以上ならランク2になれます。30万未満なら、30歳未満の人なら残高1,000円でクリアです。

30歳以上の人は、少々条件が複雑になります。

ですがおそらく1番クリアできそうなのが、SBI証券口座を開設することで開設されるSBIハイブリッド口座に1,000円と、1ドル(2018年11月現在、日本円で114円程度)でいいので外貨預金することです。

必要金額千数百円で、ランク2確保です。

外国為替証拠金取引(FX)の証拠金は、条件の「預金残高」に含まれませんので気をつける必要があります。

ちなみに住信SBIネット銀行に新規口座開設すると口座開設月とその翌月の2ヶ月間は、無条件でランク2となります。

 

ランク3の条件

ランク3は以下3つのどれかに該当する場合に認定されます。

  • 総預金の月末残高が300万円以上
  • 総預金の月末残高が1,000円以上 かつ 住宅ローンを利用
  • 総預金の月末残高が1,000円以上 かつ ロボアドバイザー資産運用残高100万円以上
  • 総預金の月末残高が1,000円以上 かつ 以下の1~8の条件に3つ以上該当
  1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
  2. 仕組預金の月末残高あり
  3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  4. カードローンの月末借入残高あり(50万円以上なら2商品分にカウント)
  5. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末借入残高あり
  6. 純金積立の引落しあり
  7. 給与、賞与または年金の振込あり
  8. デビットカードの利用金額が1万円以上(3万円以上なら2商品分にカウント)
  9. toto公営競技 月内入金2万円以上

総預金の月末残高が300万円以上なら文句なしのランク3認定です。

残高が300万円未満の場合は、残高1,000円以上かつ住宅ローンを利用というのが、一般サラリーマンにはありえるパターンかとおもいます。

住宅ローンを組まない場合のクリアできそうな条件は、ランク2で紹介したハイブリッド口座1,000円残高+外貨預金と、給与振込もしくは1万以上のデビットカード利用でしょうか。

カードローン残高という条件もありますが、カードローンは信用情報機関に借入情報が記録されます。安易に借りると計画的な借入に影響を与える可能性があり、ランクアップ条件に対してリスクが高すぎるので気をつけましょう。

 

デビットカード利用の裏技

amazonをよく利用する方の場合は、Amazonギフト券(チャージタイプ)で毎月1万円づつ買えば、デビットカード利用条件を簡単にクリアできます。

Amazonパンドリーを使用する等、日用品をAmazonで買うようにすれば別に無駄遣いにはなりません。

利用方法は、

Amazonギフト券の「残高・利用履歴の確認」→「お客様のオートチャージ設定」の「オートチャージを設定する」→「定期的にオートチャージ」の順番で進みます。

f:id:pointlife8:20181114190343j:plain


オートチャージする額を1万円と設定して頻度は「毎月」として、開始日を指定してAmazonに登録した住信SBIネット銀行Visaデビットカードを選択して、「オートチャージ設定を保存」をクリックして完了です。

f:id:pointlife8:20181114190531j:plain

 

ランク4の条件

ランク4は以下のどちらかに該当する場合に認定されます。

  • 外貨預金と仕組預金の月末残高合計が、500万円以上
  • 外貨預金と仕組預金の月末残高合計が、300万円以上 かつ 住宅ローンを利用

ランク4の場合、「総預金」ではなく、「外貨預金と仕組預金」が対象な点がこれまでのランクと違います。どちらも元本割れの可能性があり、利用するコストが割高な商品なので、この条件では狙う必要がないかとおもいます。

 

ミライノ カード保有でランクアップ

住信SBIネット銀行は、2017年11月に新しくミライノカードというクレジットカードを募集開始して、こちらが現在はスマートプログラムの活用でお得なカードです。

ミライノカード(JCB)を保有すると、スマートプログラムが最大2ランクアップする特典が付帯します。

  • ミライノカード:口座引落しでランクUPの条件に
  • ミライノカード GOLD、プラチナ:+2ランク

なおミライノカードは、Masterもありますが、こちらはいまのところ対象ではないようです。

 

まとめ

住信SBIネット銀行のスマートプログラムの導入は、まとまった預金を預け入れていたり、住宅ローン等の契約をしている方にとってはメリットが有ります。

ランク1では無条件で振込手数料が無料となるのは、1ヶ月あたりたったの1回、ATMの出金手数料は2回だけですが、外貨預金を1ドルして、SBI証券に口座を開設したら預け入れ可能なSBIハイブリッド預金普通預金)に1,000円預け入れればランク2となります。

すると振込手数料が月3回、ATM手数料は5回まで無料にすることができます。

上述の方法を利用してランク3になれば、振込手数料、ATM手数料が月7回まで無料となります。

住信SBIゴールドカードを保有すると一気に2ランクアップします。ランク4が現実的なものとなります。

 

pc.moppy.jp