ネットでポイント生活

ポイントサイトに登録して小遣い稼ぎしてみる

dポイントで投資ができる!THEO(テオ)+docomoとは...

dポイントを使って積み立て投資ができる新サービスが2018年5月18日、スタートしました。

「ポイント投資」といえば、「楽天スーパーポイント(通常ポイントのみ)で 、1ポイント=1円として、楽天証券経由で投資信託に投資できる」サービスがすでに存在しています。THEO+docomoの場合、なにがちがうのか。

 dポイントを投資してdポイントを稼ぐ

ズバリ、dポイント投資はなんとポイントそのものを運用してポイントを増やすことができるのです。

dポイント投資のパートナーはロボットアドバイザー通称ロボアドの「THEO(テオ)」

ドコモはこれまでも、スマートフォンでの決済、送金、保険サービスなど、金融=ファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)の融合である「フィンテック(FinTech)」分野のサービスを行ってきました。

新サービスのパートナーとなるのは、AIを活用して投資家に資産運用やアドバイスを行う「THEO(テオ)」を手掛ける「お金のデザイン」です。

ポイントの運用方針を2コースから選択

THEOとの協業によるサービスで新しいのが前述のdポイントによる投資です。

期間・用途限定ポイントを除く「通常ポイント」を、最低100ポイント以上で投資でき、100ポイント単位で追加できます。

投資コースも2択でシンプル。債券よりも株式に比重を置き、高いリターンを目指す「アクティブコース」と、株式よりも債券にやや重きをおいて安定したリターンを目指す「バランスコース」のどちらかを選びます。

引き出しは1ポイント以上1ポイント単位。取引の手数料は不要です。運用中のポイントは、お金のデザインが運用する投資信託に連動しているので毎日17時に価格が決定し変動します。これはTHEOのサイトで確認できます。

投資の基本の安いときに買う、買ったときより高くなったら売る、をポイントで体験できるというわけです。

 

実際の資産運用でdポイントがつく「THEO+docomo

f:id:pointlife8:20181219225506p:plain

dポイント投資とは違ってリアルに資産運用をするとdポイントが貯まるというサービス。dポイント投資で資産運用に興味を持った人が、こちらのサービスも利用して、投資をスタートさせるのもアリですね。

年齢、年収、毎月の貯金額、現在の金融資産額といった質問に答えると、ロボアドによって世界の6000種類の ETF(上場投資信託)から最適な組み合わせが提案され、自動で資金を運用していきます。「THEO+docomo」は、ドコモのスマホを持っている人がTHEOで資産運用した場合、1カ月につき1万円あたり1.5ポイント、dポイントがもらえます。

「dポイントカード」利用者の場合、「おつり積立機能」を設定することもできます。

これは、ショッピングのたびに設定した支払金額単位に対しての「おつり」分が自動的に積み立てされるものです

f:id:pointlife8:20181219225522p:plain

本来長期投資目的で、それほど手のかからない投資信託への投資のうえ、複数の資産の配分を変更する「リバランス」でさえ自動で行ってくれるロボアド投資。

投資経験のある人なら便利さがよくわかるとおもいます。

投資未経験の方は、ロボアドってなんだ?的な知識は仕入れておいたほうがいいでしょう。